設立の目的
 NPO法人やお文化協会は、八尾市民はじめ近隣市民に郷土文化や歴史を学ぶことを通じ地域の魅力の再発見及び地域コミュニティの増進をはかる活動を進めることで、地域文化の振興とふれあいある地域づくりに寄与することを目的としています。
設立の趣旨
 私達の住む八尾のまちは、石器時代から縄文・弥生時代の遺跡が数多く見られる歴史の古いまちです。八尾市制発足時(昭和23年4月)に6万5千人足らずの人口が、昭和35年(1960)には12万人に増加、昭和45年(1970)には22万7千人と10年間に倍化し、昭和55年(1980)人口27万人をピークに止まっていますが、市制発足後現在までの50年間に5倍近い人口の増加をみました。
 このことは旧来の住民と近年八尾市に転入されてきた住民との間で、それぞれの考え方、行動様式の違った人々が混在、「隣は何をする人ぞ」という言葉に象徴される人間性の希薄な状態を生み出してきました。
 その解決の方法のひとつとして、@このまちの郷土文化、歴史を多くの人に認識をして頂き、みんながこの土地柄を知る。A住民同士が交流の場を作って人間関係を密にする。さらにB明日のまちづくりの目標を語り、将来のビジョンを共有する。そしてC八尾の文化を育て、新しい地域社会への発展する足がかりとなることをねがい昭和50年、「やお文化協会」を設立しました。
 今回協会創立30周年を機にこれまでの活動を更に拡大し、郷土誌『河内どんこう』の充実・普及をはじめ、八尾市内の公的文化施設の運営にも市民が関与できる組織としての成長をめざし、特定非営利活動法人の認証を取得することとしました。
 近年、国の行政改革の一環で、地方自治体の公的施設の運営が指定管理者制度を利用した運営に移行しつつあり、「市民参加の文化行政」や「市民協働による行政運営」を目標にした市民組織の成長が期待されています。
 このような時、市民の自主的文化活動を過去30年間、全市的に展開してきた「やお文化協会」の役割は非常に重要だと考えます。私たちは、八尾市民が長年の努力で培ってきた文化行政の先見的取り組みを維持・拡大するため、更に努力を傾注してまいります。これまでに蓄えた文化関係団体や芸術・文化関係者、そして多くの企業との連携を図り、新たな「八尾方式」の文化行政を実現することで、多くの八尾市民はじめ近隣市民の期待に応えてゆきたいと考えています。
 皆さまの積極的なご参加、ご支援ご協力をよろしくおねがいします。
● 理事長
西辻  豊
● 副理事長
柳本忠二 正田常雄 角川博泉
● 監 事
二上文雄 坂上弘子
● 理 事
井上愿彦 宮崎與曾吉 寺坂哲之 棚橋利光 森田貞三 浅井祥多
坂上弘子 岡田健治 岡本純市 志賀山勢州 高橋邦世 早川冨子
西野民夫 谷口啓司 吉本  稔 黒木ひろし
● 評議員
北野充子 塩崎文江 寺川幸男 藤本春光 東野隆司 大槻洋子
大西  進 中西隆子 松江信一
日常の運営機関として、財務委員会、総務委員会、企画委員会、編集委員会を設置しています。
● 正会員
年会費 一万円
● 特別会員
年会費 一口  三万円
● 賛助会員
年会費 五千円(「河内どんこう」読者により構成)
年会費 一口  一万円(ご協賛頂く法人・個人により構成)
会計年度 毎年4月1日から翌年3月31日まで
会費は毎年度6月末までに頂戴しています。
※ NPO法人やお文化協会は正会員はじめ各種会員は、現在500名をこえる個人並びに法人で構成されています。河内文化の普及発展、ふれあいある地域づくりのため、郷土誌「河内どんこう」の購読はじめ、多くの皆さんのご参加ご協力をよろしくお願いします。
● 住所 〒581-0006 八尾市清水町1丁目1番18号
● Tel/Fax 072-924-3363
● Eメールアドレス info@yaobnk.com
こちらの「お問い合わせ画面」からメールをお送りいただくこともできます。